住宅リフォーム見積チェックシステム

文字の大きさ

運営:公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター



追加請求のトラブルを防ぐために

リフォームにおける追加請求のトラブルにご注意ください。

※トラブルを未然に防ぐためのチェックリストPDFはこちら。

契約をする前に

見積書の内容が、希望するリフォームと違っていたりすると・・・

希望している工事内容が不明確なまま見積りを依頼したり、契約したりすると、後から工事の面積や材料の数量不足が生じたりして費用が発生する場合があります。

また、希望している工事内容と事業者が理解した工事内容が食い違っていたりすると、希望していた工事が見積りに含まれず、最終的に追加工事として費用請求される場合があります。見積書の内容と希望のリフォーム内容が合致しているか、よく確認しましょう。

現場をよく見ずに作成された見積書は・・・

現場を見ないで作成された見積書では、工事の面積や材料を正確に見積れず、あとから数量に不足が生じたり、追加の工事が必要になって、追加費用の請求につながる場合がありますから、注意が必要です。

見積書の内容をよく確認しないと・・・

工事が完了してから、工事内容や工事金額が適正かどうかについての相談があります。契約は、工事の内容と工事金額を含めて合意していることになりますから、後で高すぎると思っても、不法行為等がない限り、通常は工事金額の減額は困難です。見積書の内容をよく確認し、納得してから契約を結びましょう。

追加工事の発生には慎重な対応を・・・

確かにリフォームでは、工事を始めてみなければ分からない事象が十分考えられます。しかし、契約段階において、どのような可能性があるのかを事業者からしっかりと説明を受けておいてください。予想外の高額な追加工事が発生した場合には、そもそもリフォームを行うことを考え直す必要があるかもしれません。そうした場合、どれくらいの費用がかかるのかを前もって知っておくと安心です。

工事中にも注意が必要です。

工事中の変更について、費用負担等をよく確認しないと・・・

リフォームでは、途中の工事変更が生じることがあります。変更内容にともなう追加工事の費用についてよく確認しておかないと、後で思わぬ追加請求を請けることになります。追加工事の内容はどのようなものか、費用はどれくらいか、誰がその費用を負担するのか、事業者によく確認し、文書にして記録して保存しておきましょう。

goTop